気象警報発表時の休講措置

気象警報の発表区域のうち、泉州、南河内、大阪市のいずれかの市町村で暴風警報もしくは特別警報が発表された場合

泉州の市町村

堺市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、和泉市、高石市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町

南河内の市町村

富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村

午前7時以前(7時を含む)に解除された場合 平常通り授業を行う
午前7時の時点で発表中の場合 1・2時限目を休講とする
午前7時から10時(10時を含む)の間に解除された場合 3時限目から授業を行う
午前10時の時点で発表中の場合 全日、授業は休講とする
授業開始後に発表された場合 以後の授業は休講とする

上記以外の市町村に居住する学生について、休講にはならなかったが、居住市町村に暴風警報もしくは特別警報が発表され登学に支障を来した場合は、当日中に教務課に連絡をしてください。後日「公認欠席届」を教務課で配付します。

また、休講措置をとっている間は、事務室・キャリアサポートセンター・図書館なども利用できません。