活動内容

教育情報の収集と提供

教育雑誌や教育新聞をはじめ、インターネット上の教育課題などの教育情報は、センター内の書架ほか、センター外の掲示板等で紹介されています。
また、過去の教員採用試験問題や面接の受け方、論作文の練習課題など、試験対策関係の書籍も多く準備しています。

教員採用情報の提供

年度初めには、各自治体からの教員募集案内が届きます。
教職センターでは、募集案内を学内へ広報するとともに、インターネット上の情報確認および大阪府、大阪市、堺市、豊能地区の採用説明会を学内で実施します。

教員採用試験対策の支援

論作文対策

与えられたテーマに基づいて、限られた時間内に自分の考えを述べることは、容易なことではありません。さまざまな観点に基づくテーマで出題された論作文練習を通して、多くの小論文に関わった指導者が、提出された小論文を添削し、留意点や改善点などのポイントをアドバイスします。

面接指導

教員採用ではさまざまな形態での面接が行われます。わずかな時間ですが、自然と人柄が出てくるものです。だから、教職を目指す人物として相応しいという印象を持ってもらうために、自分自身のよさをきちんと表現することが求められます。

利用者の声
最初は戸惑うことが多かったのですが、繰り返すうちに、緊張せずに少しずつ自己表現することができるようになりました。でも、大学に入学した時から教養や専門知識をはじめ、さまざまな経験を積んで、自分自身に自信を持って表現できる準備さえできていれば心配ないと思いました。

教職に関する相談

教員になりたくて進学したけれど、教職に不安を覚えたり、どのように準備すればいいのか分からなかったりするとき、気軽に教職センターを訪れてみると、何かのヒントを得られるような支援体制をとっています。
教育現場の実際の事情を知ったり、事例を聞いたりすることが、教職への不安をなくし、希望を膨らませることになると思います。

教職てらこや

採用試験の一般教養、教職教養、教科基礎知識の筆記試験が大きな要素になります。内容が多様で広範囲にわたりますので、“教職てらこや”で早い時期からの対応をします。
4回生では遅きに失することになります。大学に入学した時から、習慣として“教職てらこや”に通うことが望ましいと思います。
実施日は、数学が木・金、理科が水・木、いずれも午後に実施されています。