教員紹介

教員名
早瀬 眞喜子
HAYASE Makiko
職位、学位
講師・修士(社会学修士)
専門とする研究分野
保育学・社会学
保育実践研究・子育て支援
担当授業科目
保育原理、保育内容総論、乳児保育、保育実習
私の研究分野をご紹介
保育所における子育て支援や一時保育等について、国が政策提起をする以前の1980年代から地域実態調査など研究をおこなってきました。『私の街のこども生き生き』『私は保母』として出版。また、保育実践研究として「保育計画」や保育実践分析、研究を現場の保育士とともに進めています。「保育とは何か」という基本的な問題・課題を社会学の視点からみて研究活動をすすめています。
私の担当科目のご紹介
「保育とは何か」という永遠の課題でもある「保育学」研究、保育理論・保育実践研究をベースに授業をすすめています。
「保育原理」では、「保育とは何か」というそもそも論や保育施設の歴史的変遷を学び、「保育内容総論」では、子どもの発達や遊びを軸に保育内容を総論としてとらえ、「乳児保育」では、赤ちゃんのビデオ視聴やおもちゃ作りなどもおこない授業をすすめています。
保育現場での経験が長かったので、これまでの実践と研究活動を結びつけて学生との双方関係を築きながら、授業や保育所実習等をすすめていきます。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. 「子育て支援における一時保育の役割と課題」 季刊『保育問題研究』244号 新読書社 2010年
  2. 「大阪保育問題資料集に視る大阪の保育行政と課題」保育研究所紀要「保育の研究」NO24 2012年
  3. 『保育の社会学』―子どもとおとなのアンサンブルー (共著) 学文社 2014年
社会貢献
  1. 2006年~2009年 保育問題研究会全国常任委員
  2. 2011年~現在に至 枚方たんぽぽ福祉会理事
  3. 2007年~現在に至 社会福祉第三者評価調査者