教員紹介

教員名
柿木 章
KAKIGI Akira
職位、学位
教授、体育学士
専門とする研究分野
バレーボールの技術指導と審判指導法
担当授業科目
体育実技、レクリエーション理論演習、スポーツ
私の研究分野をご紹介
「競技スポーツ」の運営や人材の育成から人間力の必要性を研究し実践する。特に バレーボール競技者および審判員の育成の中で、そのことに関わる人々が社会人として高い評価を受けるための資質を醸成する方法を研究している。
私の担当科目のご紹介
「体育実技」「レクリエーション理論演習」
小学校・中学校・高等学校の授業内容で、運動技能の習得と指導法について学ばせる。 レクリエーションの理論を理解し、アイスブレークやレクリエーションゲーム、ホスピタリティの方法を学び、ファシリテーターになれるように実践力をつけさせている。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. バレーボール競技のルールについて研究し、日本国内用の資料を作成し、全国講習会を行っている。また、各種講習会を開き、国内の優秀な審判員を育成している。
社会貢献
  1. 大阪府バレーボール協会の理事長として、バレーボールの各種国際大会の運営を行っている。
  2. 日本バレーボール協会の審判規則委員会副委員長として、バレーボールにおける日本の国際審判員の育成をしている。
  3. 日本バレーボール協会の理事会運営委員として、バレーボール競技の発展のために運営協力を行っている。