教員紹介

教員名
栗岡 住子
KURIOKA Sumiko
職位、学位
教授(医学博士、経営学修士)
専門とする研究分野
公衆衛生学、メンタルヘルス、ライフスタイルと健康、社会経済状況と健康格差
担当授業科目
公衆衛生学、衛生学、学校保健、スポーツ医学、救急処置、生理学
私の研究分野をご紹介
中学校の養護教諭の経験を経て、現在は保健・医療に関わる分野と学校保健について指導しています。
私の担当科目のご紹介
児童・生徒などが、病気を予防して健康に過ごせるよう支援するための、保健・医療の知識を学習します。また、健康度やスポーツの能力を高めるための食事や運動のセルフマネジメントについても体得できるよう指導します。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. The association of workplace social capital and work engagement of employees in healthcare settings; a multilevel cross-sectional analysis. Fujita S, Kawakami N, Ando E, Inoue A, Tsuno K, Kurioka S, Kawachi I. Journal of Occupational and Environmental Medicine; 58:3: 263-271.2016
  2. 産業保健における看護職などコ・メディカルの認知行動療法的関わり~その機能の概要と実践~. 栗岡 住子. 認知療法研究vol.8 no.2; 210-212.2015
  3. 労働者の収入とメンタルヘルス:職の安定性による媒介効果に注目して. 堤 明純,井上彰臣, 島津明人, 高橋正也, 川上憲人, 栗岡住子, 江口尚. 厚生の指標. vol.62 no.11;1-7. 2015
  4. The DNA methylation status of the methylenetetrahydrofolate reductase gene is associated with depressive symptoms in Japanese workers: a cross-sectional study. Miyaki K, Suzuki T, Song Y, Tsutsumi A, Kawakami N, Takahashi M, Shimazu A, Inoue A, Kurioka S, et al. Journal of Affective Disorders;2(4): 402. 2015
  5. Relationship between sickness presenteeism (WHO-HPQ) with depression and sickness absence due to mental disease in a cohort of Japanese workers. Suzuki T, Miyaki K, Song Y, Tsutsumi A, Kawakami N, S Kurioka et al. Journal of Affective Disorders.15; 180: 14-20. 2015
  6. Epigenetic Changes Caused by Occupational Stress in Humans Revealed through Noninvasive Assessment of DNA Methylation of the Tyrosine Hydroxylase Gene. Miyaki K, Suzuki T, Song Y, Tsutsumi A, Kawakami N, Takahashi M, Shimazu A, Inoue A, Kurioka S, et al. Journal of neurology and neurological disorders; 2(2): Open Access. 2015
  7. Risk of progression to hypertension in nonhypertensive Japanese workers aged 20-64 years. Sumiko Kurioka, Seichi Horie, Akiomi Inoue, Kosuke Mafune, Yuki Tsuda, and Yutaka Otsuji. J Hypertension. 32(2):236-244. 2014
  8. Optimal Cutoff Values of WHO-HPQ Presenteeism Scores by ROC Analysis for Preventing Mental Sickness Absence in Japanese Prospective Cohort.Suzuki T, Miyaki K, Sasaki Y, Song Y, Tsutsumi A, Kawakami N, Shimazu A, Takahashi M, Inoue A, Kurioka S, et al. PLoS ONE. 9(10)e111191. Open Access. 2014
  9. Occupational and socioeconomic differences in actigraphically measured sleep. Masaya Takahashi, Akizumi Tsutsumi, Sumiko Kurioka, Akiomi Inoue, Akihito Shimazu, Yuki Kosugi, Norito Kawakami . J Sleep Res: jsr.12136. 2014
  10. Association of Job Demands with Work Engagement of Japanese Employees: Comparison of Challenges with Hindrances (J-HOPE). Inoue A, Kawakami N, Tsutsumi A, Shimazu A, Miyaki K,Takahashi M, Kurioka S, et al. PLoS ONE.9(3).e91583. Open Access. 2014
  11. Optimum cut-off point of the short version of the Effort-Reward Imbalance Questionnaire. Sumiko Kurioka Akiomi Inoue, Tsutsumi Akizumi. J occupational health. 55(5): 340-348. 2013.
(主な著書)
  1. メンタルヘルスマネジメント検定試験公式テキスト. 中央経済社. 2017 (共著)
  2. 産業看護マネジメント. 産業医学振興財団. 2015 (単著)
  3. 産業ストレスとメンタルヘルス-最先端の研究から現場の実践まで. 中央労働災害防止協会. 2014 (共著)
  4. 職場のメンタルヘルス対策Q&A. 日本産業精神保健学会. 2014 (共著)
  5. 産業看護職必携 Q&Aで分かる産業看護実践 基礎から応用まで.メディカ出版. 2012 (共著)
  6. 産業・精神看護のための働く人のメンタルヘルス不調の予防と早期支援. 金子書房. 2012 (共著)
  7. 医療従事者のための産業精神保健. 振興医学出版社. 2011 (共著)
  8. チームで取り組む職場メンタルヘルス. 治療と診断社. 2010 (共著)
  9. 産業精神保健マニュアル. 中山書房. 2007 (共著)
社会貢献
  1. 2000年~現在 日本産業ストレス学会理事
  2. 2000年~現在 日本産業精神保健学会評議員
  3. 2012年~現在 独立行政法人労働者健康安全機構 兵庫産業保健総合支援センター 相談員
  4. 2013年~現在 京都府医師会 産業保健部会 委員
  5. 2014年    内閣府地域女性活躍推進加速化事業 コア委員
  6. 2015年~現在 日本産業ストレス学会メンタルヘルス対策好事例収集ワーキンググループ 委員