教員紹介

教員名
李 晩熙
LEE Man-Hee
職位、学位
教授(政治経済学博士)
専門とする研究分野
東アジア(特に、韓国、日本、中国)の経済発展
および国際関係、大学教育政策
担当授業科目
現代政治理解、アジア文化論
私の研究分野をご紹介
私の専門分野は東アジアの経済発展と国際関係ですが、アジアの新興工業国(NICs)に焦点を合わせて研究を行っています。21世紀の脱冷戦時代に入り、東アジアは世界の注目を集め始め、「アジアの奇跡」を引き起こした地域と知られています。東アジアの奇跡の原動力は国家的リーダーシップに基づいている。グローバル時代の到来とともに、国際関係と経済発展の間の不可分性にも注目しています。
私の担当科目のご紹介
「アジア文化論」他
コミュニケーション能力を身につけている立派な社会人になるためには、その基礎となる幅広い常識が求められます。「アジア文化論」と「現代政治理解」などの授業は、戦後東アジアの経済、政治、文化、国際関係などに関する様々な常識の勉学を目指し、一緒に考えていく「対話形式」で行われます。「考えられる力」とは、現代社会の社会人にとって求められるパワーです。その中で発表力と表現力も養うように配慮します。
「韓国語1、2」の授業は最初から最後まで会話を中心に分かりやすく行います。外国語能力も就業力の向上に欠かせないものですので、韓国語が学生のパワーになるように配慮します。また、韓国人との出会いや韓国への旅行の時、韓国文化との触れ合いがスムーズにできるように一緒に頑張っていきます。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. 「Cross-border Higher Education in the Republic of Korea: From Challenge to Opportunity」<UUNESCO Forum Occasional Paper Series> No. 9、2006年
  2. 「韓国の重化学工業化政策における政府-市場関係」(「プール学院大学研究紀要」)2006年
  3. 「韓国の産業化政策における大統領と経済企画院の関係」(「21世紀政治学会報」)2010年
社会貢献
  1. 日本政治学会会員
  2. アジア政経学会会員
  3. 21世紀政治学会会員(韓国)