教員紹介

教員名
松久 眞実
MATSUHISA Manami
職位、学位
准教授(教育学修士)
専門とする研究分野
特別支援教育 学校心理学
担当授業科目
特別支援教育、スタディスキル、ソーシャルスキル
私の研究分野をご紹介
私の専門は特別支援教育で、とくに発達障害のある児童生徒についての研究を進めています。特性の理解をするとともに、学びやすい環境整備、個のニーズに応じた配慮が必要だと考えています。発達障害のある児童生徒は、知的な遅れがないため通常の学級に在籍しています。また通常の学級には、発達障害の有無にかかわらず、学習や行動、クラス適応につまづきを持つ支援ニーズの高い児童生徒も在籍しています。それらの児童生徒すべてを包括的に支援する「秩序のある崩れないクラス作り・授業改善」についても研究しています。
私の担当科目のご紹介
「特別支援教育」
「特別支援教育」の基礎的な知識や歴史、支援方法について学びます。疑似体験や実習などを取り入れながら、聴覚障害や視覚障害、発達障害など様々な障害の特性についての学びを深めます。またすべての人の多様な可能性にひらかれた「学びのユニバーサルデザイン」の重要性についても学びます。教師は障害についての知識だけでなく、障害のある子どもが安心してすごせる環境作りをする必要があります。すべての児童生徒が安心して過ごせる秩序のあるクラス作りについても、授業の中から知識や技術を身につけてほしいと願っています。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. 『高機能広汎性発達障害の教育的支援-特別支援教育のプロを目指す教師のために-』(共著)明治図書、2008年
  2. 『発達障害の子どもとあったかクラスづくり-通常の学級で無理なくできるユニバーサルデザイン-』(共著)明治図書、2009年
  3. 『通常学級での授業ユニバーサルデザイン-「特別」ではない支援教育のために-』(共著)日本文化科学社、2010年
社会貢献
  1. 堺市特別支援教育推進リーダー育成研修検討委員
  2. 堺市私立幼稚園発達障害児童等 巡回相談員