教員紹介

教員名
灘本 雅一
NADAMOTO Masakazu
職位、学位
教授(学術博士)
専門とする研究分野
運動生理学、測定評価、トレーニング学、野球
担当授業科目
 
関連サイト
プール学院大学女子硬式野球部
私の研究分野をご紹介
私の研究は、運動(トレーニング)による身体の適応性を科学する分野です。どれくらいの強度でトレーニングをすると、身体のどこがどれくらい変化したのかを測定評価する研究をスポーツ選手(野球選手等)や中高年齢者に対して行ってきました。運動生理学の知識を学習し用いることで怪我の予防や効果的なトレーニング成果をあげることができます。
私の担当科目のご紹介
「スポーツ医学、スポーツトレーニング論」
スポーツ医学の講義では、医学的知識として解剖学、生理学、栄養学の基礎的知識の理解を深めさせ、発育期にみられる代表的なスポーツ障害の予防と適切な応急処置ができる知識の習得を目的に講義をします。
スポーツトレーニング論では、発育発達の著しい児童期における体の構造や体力要素の特性を学びリスク管理をした上での効果的なトレーニング方法を習得することをねらいとします。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. 「12年間の横断的及び縦断的データからみた高齢者における体力の加齢に伴う変化」(日本教育医学56巻2号2010年)
  2. 「8秒間の自転車全力ペダリングの信頼性と妥当性及び無酸素性ピークパワーの加齢変化」(体育測定評価研究第10巻 2010年)
  3. 「自覚的疲労スケールを用いた複合的なトレーニングが下肢の筋機能に及ぼす効果の年代比較」(日本教育医学58巻3号2013年)
社会貢献
  1. 阪神大学野球連盟理事
  2. 奈良県体育協会理事