教員紹介

教員名
作野 理恵
SAKUNO Rie
職位、学位
教授(教育学修士)
専門とする研究分野
ピアノ、西洋音楽史
担当授業科目
器楽(ピアノ)、音楽表現、基礎ゼミナール
私の研究分野をご紹介
ウィーン古典派、ドイツ・ロマン派を初め、ラフマニノフ、スクリャービン等のロシア作曲家、フランク、ラヴェル等のフランス国民学派や印象派のピアノ作品分析と演奏を中心研究テーマとしています。
また、西洋音楽史全般の諸課題、問題について、楽曲分析や作曲家の人生、その時代の背景等を手掛かりに研究しています。
私の担当科目のご紹介
「音楽表現」
保育・教育現場で活用できるリトミック実演や、音楽療法セッションで使用される簡易楽器を使っての器楽合奏を、クラス全員で演習しています。
また、現場でよく使われるクラシック音楽作曲家の人生と作品についても学習します。
現場での音楽指導、編曲・作曲等に活かすことを目的に、音楽理論(楽典)の基本についても勉強します。童謡の簡易伴奏法も学びます。
子どもたちが楽しく歌えるお洒落な幼児歌曲、季節の歌などの練習や発声法、ソルフェージュと共に、全員でのコーラス、数人での重唱も体験します。
時には、視聴覚教材によるミュージカル、オペラなどを鑑賞し、幅広い音楽に触れます。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績 (過去3年間)
  1. 「Johann StrauβⅡ(1825-99)Wiener Musikの本質 ―音楽表現の伝統と独自性―」 (「プール学院大学研究紀要」第55号) 2014年
  2. 「Fritz Kreisler(1875-1962)音楽の本質 ―社会的背景と音楽表現を通しての考察―」 (「プール学院大学研究紀要」第56号)2016年
  3. 「Dmitry Shostakovich(1906-75)音楽の深意 ―作品における音楽表現を通しての一考察―」(「プール学院大学研究紀要」第57号) 2017年
  4. コンサート出演:Sergei Rachmaninov作曲 前奏曲OP.23-4、愛の悲しみ (伊丹市立文化会館「いたみホール」)2017年
社会貢献
  1. 全国保育士養成協議会採点委員
  2. 大阪家庭裁判所参与員
  3. 学校法人プール学院評議員
  4. 学校法人博愛社幼稚園理事→監事
  5. キリスト教学校教育同盟関西地区協議会大学部会委員
  6. 短期大学基準協会第三者評価員
  7. 泉大津市フカキ夢・ひとづくり賞審査委員