教員紹介

教員名
寺田 恭子
TERADA Kyoko
職位、学位
教授(臨床福祉学博士)
専門とする研究分野
家族福祉臨床学、保育学
担当授業科目
相談援助、保育相談援助、子どもの食と栄養、基礎ゼミ1,2
保育実習、教育実習、保育・教職(幼稚園)実践演習
私の研究分野をご紹介
人の主体性を種から捉え、親と子どもの主体性を育成するための子育て支援を研究しています。子どもの主体性を育てるためには、先ず親が子どもの主体性を受け入れること、その後親と子の主体が相互に育ち合う関係性をもつことが大切です。そして、親の主体性が育つためには、地域の人々と相互に主体性が育ち合う関係性を作ることが重要です。この相互主体的な「親と子」の関係性、「親と地域」の関係性が育ち合う仕組みづくりを研究しています。現在は親の「しつけ」を地域とともに取り組むプログラムを開発しています(学術振興会科学研究費基金(基盤研究C)研究代表「地域が取り組む親と子の主体性育成を目的とする『しつけ』に関する研究」)
私の担当科目のご紹介
「相談援助」
「相談援助」は、保育士養成必修科目の一つです。児童福祉法では、保育士業務として、在所児童の保護者に対する保育に関する指導の他、地域の子育てに関する相談援助も加えて法文化されています。「相談援助」は、ソーシャルワークという技法を用いて、保護者が抱えている生活問題を社会的に解決していこうという働きかけです。
「子育てがつらい」
「子育てがつらい」親は、様々な調査から、地域から孤立し、一人で子育てをしている場合が多いようです。子育ては歴史的にみても、大家族や地域など集団で関わらなければ出来ないとても大変な仕事です。家庭が抱えている子育ての問題を、社会や地域の資源(専門職や門機関など)につなぎ、家庭に寄り添いながら、問題を解決緩和していく過程を学びます。
研究業績・社会貢献のご紹介
研究業績
  1. 「『子どもの主体性を育てる』地域における子育て支援の課題~親と子の関係性に着目した『しつけ』への取り組み~」(共)、『保育学研究』第52巻第3号、日本保育学会、69~80頁、2014年
  2. 「『親と子の主体性が育ち合う』保護者支援の課題-保護者と保育士による『子どもへの肯定的まなざし』の共有化に向けた取り組みから-」(共)『保育士養成研究』第31号、全国保育士養成協議会、31~40頁、2014年
  3. 「親が抱く『食事づくりのつらさ感』をサポートする地域の役割と課題-『1歳6か月児健診時の子育て当事者調査』結果からの考察」(単)『日本家政学会誌』第65巻 第2号、日本家政学会、15~23頁、2014年
社会貢献
  1. 堺市南区教育・健全育成会議委員
  2. 泉佐野市子ども・子育て会議委員
  3. NPO法人おひさま 理事
  4. NPO法人にしよどにこネット 監事