キリスト教センター

アセンブリーやボランティア活動などを通して
豊かな心を育む

プール学院は1879(明治12)年に、英国聖公会宣教協会(Church Mission Society)から日本に派遣された宣教師により、大阪川口居留地に設立されました。
このような歴史に基づいて本学の建学の精神は「キリスト教の精神」だと言われますが、この「キリスト教の精神」とはいったい何なのでしょうか。キリスト教精神とは何なのか、という探求、そしてこの精神の具現化・伝達のために本学にはキリスト教センターが置かれています。
それはチャプレン、教職員から構成されていて、エレノアホールを根城にしてさまざまな活動をしています。