学院の歩み

プール学院は1879年、英国聖公会(英国国教会)から派遣されたミス・オクスラドにより、 キリスト教の信仰と使命をもって設立された、最も古いキリスト教学校の一つです。 当時は「永生(えいせい)学校」と呼ばれ、外国人が住むように指定されていた大阪川口居留地にあり、 まだ女性が学校に行くという考えが一般的ではなかった時代から、女子教育に大きな貢献をしてきました。

永生学校を開校(川口留住地4番地)
1898年当時の校舎風景(川口留住地12番地)
Arthur W. Poole 主教夫妻
英国国教会「聖公会」の宣教教会C.M.Sから派遣された英国人初代の在日本監督(主教)。1879年(明治12年)に始まったオクスラド宣教師の学校を、本格的な近代教育に発展させる礎を築いた。プール学院の校名は同師に由来する。
創立期/1879年(明治12) 大阪川口居留地に英国聖公会宣教協会派遣婦人宣教師の組織する東洋女子教育協会のミス・オクスラドにより永生学校が創立された。
1890年(明治23) 英国から大阪の地に派遣された最初の英国人主教A.W.Poole博士を記念してプール女学校と改称した。
確立期/1917年(大正6) 大阪府東成郡鶴橋天王寺村(現勝山キャンパス)に移転した。
1947年(昭和22) 学制実施とともに、プール学院中学校・高等学校を設置した。
1950年(昭和25) プール学院短期大学(英文科)を開学した。
現代/1980年(昭和55) 創立100周年事業として泉ヶ丘キャンパスの用地を購入。
1982年短期大学を移転した。
1984年(昭和59) プール学院短期大学に秘書科を開設した。
1996年(平成8) 短期大学英文科を改組してプール学院大学(国際文化学部)を開学した。
短期大学をプール学院大学短期大学部(秘書科)に改称した。
2000年(平成12年) プール学院大学に大学院(国際文化学研究科・異文化間協働専攻〈修士課程〉)を設置した。
2006年(平成18年) プール学院短期大学部に幼児教育保育学科を開設した。
2007年(平成19年) プール学院大学に国際文化学部 子ども教育学科を開設した。
2008年(平成20年) プール学院大学に国際文化学部 英語学科を開設した。
2012年(平成24年) 教養学科設置
2014年(平成26年) 教育学部 教育学科開設